| 中文版 | English | 日本語  
ニュース

科学技術成果鑑定会の開催

2013-11-09
2012年12月23日、湖南省科学技術庁は北京で益陽鴻源レアアース有限会社が完成した「モナザイト放射性酸残基資源総合回収グリーンリサイクルプロセス」科学技術成果鑑定会を主催。鑑定委員会は3名中国科学院と工学院院士を含めて11人の関連分野の専門家から構成。北京大学厳純華院士は主任委員、パン自強院士と余永富は副主任委員。専門家は項目単位の報告を聴き、鑑定資料を審査し、質疑応答を行った。その後、本項目研究の考えは革新性があり、整体技術は国際先進レベルに届き、選冶聯合法でモナザイト二次滓の処理技術は国際的にトップレベルであり、社会利益が顕著であると合意した。

所属する類別: ニュース

この情報のキーワード: